モクレン科モクレン属の落葉高木。
3月頃、葉が出るよりも先に、枝先に白い卵型の花を上向きに一斉に咲かせます。花弁・萼片の数もシモクレンと同じで、真っ白な9枚の花弁のように見えます。
この時期は他の木も葉が少ないため、遠くからでもよく目立ちます。
ハイム6号棟の南側5号棟寄りに1株あり、毎年、桜に先駆けて白く優雅に咲いています。
モクレン(シモクレン)と区別するため、わざわざハクモクレン(白木蓮)という呼び方をするようです。
この学名もMAGNOLIA HEPTAPETA(7枚の花弁のモクレンという意味)ですが、なぜ中途半端な「7」なのでしょうか?
近縁種として、シモクレン・コブシなどがありますが、特にコブシは花が白いことから、よく混同されます。

3+