アカネ科ヘクソカズラ属の蔓性多年草。
ハイムの生垣や低木植え込みにとって最も厄介な蔓性の雑草(人間の身勝手で敢えて雑草と呼ばせてもらいます)のひとつです。特に、管理棟の上の植え込みに多く見られます。
一旦ツツジなどに蔓が絡みつくと無理やり引き剥がそうとしてもすぐに蔓が途中で切れて、根まで完全に除去するのは容易ではありません。その時、葉や茎から出る汁が青臭く嫌なにおいがします。そんなことろから、この屁糞葛という名前が付けられたものと思われます。
ともかく、繁殖力があり、いったん除草しても、わずかに残った根や茎から一ケ月も経たずにまた元気に蔓延ります。これからしばらくの間は、繁茂・除草の繰り返しとなります。
ただ、6月頃から夏場の間に花を付けますが、その花は意外にも可憐です。

2+