ニレ科ケヤキ属の落葉高木。
山野に自生するほか、公園や街路樹としても多く植えられていて、非常になじみの深い樹木のひとつです。
太い幹から空に向かって何本もの枝がすっと伸び、青葉の時だけでなく、冬枯れの樹形もなかなかいいものです。
ハイムの樹木の中でもひときわ目立つ存在で、コミュニティー広場の周りを始めとして、合計34本も見られます。ただし、そのうち南西隅の角地にある一株は、当初から植えられたものではなく実生で、成育環境が良かったため、いつの間にか大木になったようです。
このほかにもハイム内のいたるところで実生の小さいケヤキが見られますが、ツツジの植え込みの中にできたものなどは、そのまま放置せず、雑草として取り除いています。

3+