ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木。
枝に「翼」と呼ばれる板状のコルク質の突起(羽根)が付くのが特徴です。
4月頃花を咲かせますがあまり目立ちません。この木は秋に美しく真っ赤に紅葉し、まるで錦のようだというのが名前の由来です。
また、秋には赤い小さい実が熟すと中から種子が二つ飛び出してきますが、今は花が終わりやっと青い小さな実がついたばかりです。秋を楽しみにしましょう。
ハイム6号棟南側、ケヤキの下に5株ほどまとめて植えられています。
緑の環境委員会の専用サイトが出来ました。是非ご覧ください。

1+