モクレン科モクレン属の落葉高木。
3月頃、梢の先の銀色の毛に包まれたつぼみから、葉よりも先に、紫または濃い紅色から淡いピンク色までの、大きな卵型の花を上向きに咲かせます。
6枚の花弁と3枚の萼片でできているのですが、まるで9枚の花弁の花のように見えます。
花の色からシモクレン(紫木蓮)とも呼ばれますが、これが本来のモクレンです。
花弁と萼片の数や、上向きに咲くところは近縁のハクモクレンも同じですが、それよりもやや大きく長めの花です。

シモクレンの学名はMAGNOLIA QUINQUEPETA(5枚の花弁のモクレン)。6とか9というなら花弁だけを数えた、あるいは萼片まで合わせて数えたかと理解できますが、なぜ6でも9でもなく「5」なのか、大いに疑問が残ります。
ハイム2号棟北側に植えられています。

2+