ツバキ科ツバキ属の常緑低木。

ツバキは日本原産の植物で、いろいろな種類があります。
このコンロンコク(崑崙黒)という名のツバキは、濃い赤の八重咲のツバキで、2号棟の各エントランス脇に2株ずつ植えられています。
長年観察していますが、以前は3月頃からたくさん蕾を付けても、多くはその八重の花弁が中心まで十分に開き切らずにポトリポトリと落ちていました。
しかしここ数年、綺麗に開花するものが増えてきたように思います。
なお、同じツバキ属のサザンカだと、花弁がバラバラに落ちるのに、ツバキは丸ごとポトリと落ちるのが特徴です。

ツバキと言えば、チャドクガの食害も気になるところで、毎年悩まされます。
ただ、不思議なことに、食い荒らされて丸坊主になった枝先からも、しばらくすると新しい芽が吹きだします。ツバキも負けてはいません。

3+