ミズキ科ミズキ属の落葉高木。
近縁のハナミズキはアメリカ原産ですが、ヤマボウシは日本原産です。
6月頃花を咲かせますが、4枚の白い花びらのように見えるところは花弁ではなく総苞片(ソウホウヘン)という蕾を包んでいた葉であって、実際の花は中心に地味で小さいものがいくつも固まって付いています。
ハナミズキとヤマボウシはよく似ていますが、ハナミズキは総苞片の先が丸みを帯びているのに対して、ヤマボウシは鋭く尖っているのが特徴です。ヤマボウシ(山法師)という名前は、その姿から僧兵の白い頭巾が連想されるので付けられたようです。
ハイム南西隅、アジサイ園を背に3号棟プレイロットに向かう右側に1株ありますが、今年は既に散っています。花だけでなく、秋の紅葉も楽しみましょう。
緑の環境委員会の専用サイトが出来ました。是非ご覧ください。

2+