フランスでは5月1日はスズランを贈る日です。スズランは幸せと感謝を象徴しています。スズランを送ることで平素の感謝を表し、スズランは幸せを運ぶということです。

メーデーの日でもあり商店は閉まっていますが、街にはスズランが咲き誇ります。
かわいい子供たちが野山で採集したスズランを2~3本の簡単な花束にして、街角で売っています。ちょっと共同募金に似た雰囲気です。格好の良い紳士が義理買いで手にしたスズランを、丁度通りかかった老婆にジェスチャーたっぷりで手渡している光景、そばを通りかかった人達の拍手、そして貰ったお婆さんが大きく両手を広げて、ブーケ売りの子供に抱き着く光景が思い出されます。

私も「ハイムのひろば」をご覧の皆さんに幸せを運ぶスズランの花束をお送りします。

(Tonma)

4+