モチノキ科モチノキ属の常緑高木。雌雄異株。
葉は肉厚で長楕円形、縁には細かいギザギザがあります。葉の裏側に傷をつけるとその部分が黒く変色して字が書け、インドで経文を書くのに使われたヤシ科のタラジュ(多羅樹)に似ていることが、タラヨウ(多羅葉)の名前の由来のようです。

また、その昔、この葉に文字を書いて情報の伝達をしたことで、一説には「はがき(葉書)」の語源になったとも言われており、そのためか、「郵便局の木」とか「葉書の木」とも呼ばれています。
試しに、落ちていた葉に文字を書いてみました。

ハイム3号棟A・Bエントランス脇に、雌雄1株ずつ植えられています。
4-5月頃淡い黄緑色の小さな花をたくさん咲かせ、今は若い小さい実がなっているのが見られます。
秋には赤く熟れます。

1+