数年前から「スーパームーン」という言葉をよく耳にするようになりました。詳しい事はさておき、要は約18年間隔でお月様が地球に最も接近した軌道を通るので、満月が普段より大きく明るく見えるということ、のようです。最近では2011年だったそうです。しかし、一部の報道では、「今年のスーパームーンは、昨夜20日の夜」とありましたが、それはスーパームーンと呼んでいいのかな? でも、そういえば、18年毎のものは「エクストリーム・スーパームーン」ともいうそうです。
たまたま、昨夜夜半に目を覚まし、あまりに明るいので外を見ると既に中天はすぎていましたが、空には満月が。目を覚ましたのは、真夜中に明々と照らすライトの中で南武線の保線工事をしていて、そのライトのあまりの明るさと工事の音が原因でした。保線工事は大変です、終電と始発電車のわずかな間隙を縫って急いでやらなければ・・・。
昨夜の満月も天体カメラではなく、普段使いのバカチョンカメラでしたが取りあえず一枚。以前にも、スーパームーンと騒がれていたので、どんなものかと撮ったことがありました。

2015年9月28日夜 2019年2月20日夜

(山親爺)

2+