それぞれの樹木が枯葉を落とし、冬の準備を始めました。
子供たちを喜ばせてくれた虫たちもいよいよ冬ごもり。先日、二歳のボーヤが手の平にのせて遊んでくれたダンゴ虫も、冬はどこで暮らすのでしょうかね。
ハイムのまわりにはたくさんの枯葉が落ちますが、樹木の間に落ちた葉っぱは虫たちの寝床になるし、ごちそうにもなるのです。
プレイスポットに舞う枯葉はゴミのように思うでしょうが、冬を迎えるために夏の葉っぱ(着物)を脱いでいるのです。そして、その葉っぱは、また自然に戻っていく栄養素なのです。
枯葉が落ちてくるのを待っている虫たちもたくさんいると思います。
そしてまた、葉っぱを落とした小枝には、冬を越すために虫たちが卵を産みつけているのを見つけることもできます。
また枯葉が落ちると、枝にとまっている鳥たちの姿も見やすくなります。
冬の楽しみ方が秋の落葉から始まっているのですね。ハイムの樹木もすっかり姿を変えてきていますが、私たちと同じように冬支度を始めているんだなあと、枯葉の落ちるのを見て、思いを寄せてみてください。
枯葉の中に冬の虫たちが潜んでおります。
やがて、春がやってくる日まで。

4+