美しい桜並木を眺めながら歩いていると川の分岐点に来ます。二つの川が、X の字のように交差しているのです。自分が歩いてきた川(二ヶ領用水)は、交差している場所から見て左手に続き、多摩川につながっていきます。
もう一つの川(三沢川)は右手に続いて行って、
これまた多摩川につながっているのが分かります。
 
 
ちょうど交差しているところ(注:下記地図の地点)
に青い塗装が施された水門のような装置がありました。
その上にサクラが満開になっていました(4月1日時点)。
釣りをする人々を観察するも、
釣果を上げている人は見かけません。
(これは4月12日時点。サクラは散って見えません)
 
この二ヶ領用水は多摩川から取水していることが
よく分かります。
なぜこのように取水しているのでしょうか。
実はこの二ヶ領用水の造成を命じたのは、
徳川家康なのです。時代は関ヶ原の戦い(1600年)のちょっと前まで遡ります。中野島は、江戸時代に「なかのしま村」として地名がありました。
いずれこのあたりの歴史については、
もう少し詳しく報告したいと思っています。
地図を拡大(+をクリック)すると、川の交差している地点がよく分かります。

 
 
 

0