パソコンを長く使っていると動作が重くなることがある。インターネットでホームページを見たりメールを利用するくらいならそれほどのことはないが、撮影した写真や音楽ファイルなどを保管するようになると知らず知らずのうちにHDDの領域を狭めることになり、次第に重くなってくる。

そんなときは、外付けのハードディスクを利用することで対応されている方も多いだろう。最近では、1TBの外付けHDDでも1万円程度で手にはいるようで、使いやすくなってきた。HDDももちろんいいのだが、持ち運びが少し面倒な場合がある。そんな時に便利なのがUSBメモリーだ。

小指よりも小さなサイズで大きな容量を備えるものも出来て、パソコンに差し込むだけで簡単にファイルの移行ができるとても便利なものだ。容量の大きさで価格は変動するが、HDDに比べれば、種類も多く用途に応じて選ぶことができるという点で、利用しやすいと思う。

その種類は多く、1000円以下のものから1万円以上するものもある。どれくらいのものを買えばいいのかは、個人の利用の仕方で一概には言えないが、一挙に高額投資をせず比較的安価なものも買い足していくという方法もある。

次回以降、USBメモリを利用して大変便利に使える推奨ソフトについて具体的に紹介していくことにしよう。

八咫烏

6+