「重要なファイルを消してしまった!」という経験はないでしょうか?ウィンドウズの「ごみ箱」に残っているならすぐに復元できますが、ごみ箱から消してしまうとこれはもう戻りません。特に、USBメモリやSDカード内のファイルは削除するとごみ箱に入らず一発で消えてしまいます。

作り直せる資料ならまだしも、この世にひとつしかない写真や動画なら取り返しのつかないことになってしまいます。こんなときに、是非試してほしいフリーソフトがあります。それが、ファイル・リカバリ―ソフト「リキューバ・ポータブル」(Recuva – Portable)です。HDDでもUSBメモリーでも消したばかりのファイルならほとんど復元可能です。

提供のURL、https://www.piriform.com/recuva/builds から入手したZIPファイルを展開してUSBメモリにコピー。実行ファイル「Recuva」をダブルクリックして起動します。64ビット版Windowsの場合は「Recuva64」を選択してください。

使い方は、ソフトを起動して、消してしまったファイルが入っていたドライブを選択し、「スキャン」ボタンを押す。すると復元可能なファイルを検出してくれるという優れものです。あとはファイルを選んで復元先のフォルダを指定すればよい。この時、USBメモリ内のフィアルを復元させるなら、パソコン内蔵のHDDを選ぶのがコツです。

USBメモリ内のファイルは、削除直後ならほぼ100%復元できるとしているが、パソコンのHDD内のファイルや、削除後時間が経ってしまった場合は、その限りではありません。検証の件数が多くないので保証はできませんが、頭の片隅に置いておくとまさかの時に役立つかもしれません。

ここで取り上げるフリーソフトの紹介内容は、過去の経験と雑誌やネット上の情報にもとづくものであり、その機能や操作性を保証するものではありません。実際にお使いの場合はあくまでも自己責任でお願いします。
5+