きのうのこと。パソコンクラブメンバーのおひとりから電話。あと160秒でファイルが壊れるという画面が出ている、とのこと。
3分を切っているので、事情を聞く暇もないし、間に合わないと思いながらも訪ねて行きました。
出ている画面はWindowsを騙ってはいるけれど、いかにもにせものという感じ。
朝、セキュリティソフトの売り込み広告が出て、すでに入れているので要らないをクリックしたら、間もなくこの画面が出始めたとのこと。右端のX をクリックしてもビクともせず、カウントダウンが始まったのだそう。私の到着時には一旦止まっていました。
ご本人によると、最近外付けのハードディスクにバックアップを取ったばかりで、その後に加わったファイルや写真の類はほんのわずか、パソコン自体もそろそろ買い替えどきなので、壊れても惜しくないとのこと。
ならば、とまた始まったカウントダウンをふたりで眺めていました。0になっても変化は感じられないのですが、下の画面がずっと居座っています。タスクマネージャーを起動させて、消したつもりが、また現れます。Internet Explorerが2個起動中になっていたので、それも消すと、ようやく普通のホーム画面に。チェックしたら、やはり、どうってことはありませんでした。
いかにも偽物とは言え、突然こんな画面が出てきて、カウントダウンが始まったら、やっぱりドッキリしますよね。
一時、びっくりマークが大音量で出てくる偽画面がはやり、思わずクリックしてしつこくて困ったという経験を聞いたことがありますが。
始まりを確認していないので、想像なのですが、セキュリティソフト売り込み自体怪しいもので、無視すればよかったのでしょう。
右下隅の更新ボタンをクリックしたら、次にどんなことが起こるのでしょう。朝売り込んできたセキュリティソフトは1万円近かったそうです。それ以上の値段をソフトのインストール代で請求されるのか、これが手始め、いろんなソフトを売りつけてくるのか・・

1+