開催中のロシア・ワールドカップ・グル-プリーグ最終戦ポーランドとの試合で、日本代表は、0-1で敗れながらフェアプレーポイントで決勝トーナメントへの進出を決めました。普通なら、祝決勝進出!と大喜びというところですが、この結果に世界中で物議を醸しています。
後半の残り10分の時点で、別会場で行われているセネガル対コロンビア戦は、0-1でコロンビアがリードしていました。整理すると次のような状態です。

日本 0-1 ポーランド
セネガル 0-1 コロンビア

日本とセネガル両チームは、勝ち点4/得失点差0/総得点4で並んでおり、直接対決は2-2で引き分けで全く同じ状態。もし、このまま試合が終われば、唯一「フェアプレーポイント」で日本の決勝進出が決まるという状態でした。フェアープレーポイントとは、イエローカードやレッドカードの枚数のことをいいます。つまり、受けた警告数の少ない方が上位になります。
ここで、西野監督は賭けにでました。自力で決勝進出するために、同点、逆転を狙って積極的にゴールを攻めるのか、或いは負けている状態をこのままキープしてカウンターのリスクを回避するといういわば他力本願方式か。どちらの作戦もリスクがあり確実ということはありません。
最終的にとった作戦は後者でした。結果、会場では観客から大ブーイングも起きました。この作戦に対して世界中で今、支持と不支持に分かれて議論が分かれています。
そこで、緊急アンケートを実施します。
あなたは、今回の日本の戦い方、西野監督の采配をどう思いますか?
支持しますか? 支持しませんか? 2択に加えてとコメントもどうぞ。

1+