多摩川音頭の歌詞(No. 22,23/31) 梨と柿

多摩川音頭の二十二節と二十三節です。

ともに実りの秋を唄っています。

 

裏の甘柿とは、おそらく王禅寺の丸柿のことでしょう。

「きざ」は甘柿の俗称。甘くて定評のある柿ですが、いたずらっ気を起こして、渋柿を食べさせたという歌でしょうか。

 

なお、多摩川音頭の実際の曲を聴いてみたいという方は、次の音源からお聴きください。  AY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)