多摩川音頭の歌詞(No. 1/31)

 

鮎鷹(あゆたか)は白い鳥で、学名はコアジサシという渡り鳥である。
戦前までは多摩川にもよく飛来して、「ヒョッ、ヒョッ」と鳴きながら水面近くを羽ばたいていたという。

多摩川音頭のはやし言葉は、

「月の砧は昔のことよ いまは鮎鷹 ちりへうと へうへう」

と各項に歌われている。これは多摩川の布ざらしを懐かしんだものである。

その意味は、おおよそ次のようなものだろうか。

「昔もてはやされた『月夜の砧うち』に代わって、いまは『鮎鷹』が飛来する多摩川の流れに布をさらしている。鮎鷹が『ちりへうと へうへう』と鳴いている。」

AY

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です