我が家の近所に吹田市が管理・開放している元庄屋の古民家があり、屋敷の堀にはハンゲショウが植わっていて、毎年梅雨時に見頃となります。小雨降る中、傘をさして見物がてらに散歩してきました。

「ハンゲショウ」は、元々北海道を除き広く分布して、古来より茶室の生け花などに、使われたドクダミ属の一種で、生育に適するのは山すその湿地ですが、近年は開発による適地の減少で、目にする機会が少なく成っていて、東京等一部地域では、絶滅危惧種に指定されています。

地下茎で増殖する多年草ですが、この時期に地味な花をつけ、昆虫を引き寄せる為に、先端に近い部分の葉っぱに白い班が入ります。花の香りは、とても香しいと言えるものではありません。

その形状から、部分的に化粧をしているかのように見え、半化粧との名前の由来に成っているという説があります。

山仲春男

1+