生まれて初めてのピアノ発表会、弾き始めてすぐに立ち往生してしまい忘れられない発表会デビューとなりました。一念発起して長期間練習を重ねた大曲をひっさげてのデビューだったのですが・・・ mats

ピアノ歴
ピアノを習っていたのは10歳までの3年間、それ以降では唯一高校3年生の頃、受験勉強の気晴らしに好きだったベートーヴェンのソナタ月光第1楽章をかじりつくように弾いていました。ゆっくりとした厳かで美しい曲です。以来半世紀、この曲は今でも弾けますがそれ以外は何も弾けません。

なんでまた、この期に及んで発表会デビュー?
家内がピアノを教えています。生徒さんたちが以前の発表会でベートーヴェンのソナタ「悲愴第3楽章」、同じく「テンペスト第3楽章」を弾かれているのを聴いて大いに感動、刺激を受け、昨年の新年の誓いとして「悲愴第3楽章」をかじりついてでも自分で弾きたい、半世紀のブランクを埋めるため毎日少なくとも30分練習すると決めました。誓いをほぼ実行した結果1年半でなんとか最後までたどり着いたことからこの際、思い切って発表会に出てみようと今から思えばまさに無謀かつ分不相応な決断をしたのです。

つぎつぎ起こる不思議な現象
楽譜がスラスラ読めないので指で覚えるしかないのですが「悲愴第3楽章」は7ページにわたる長い曲、なんとか弾けるようになったとはいえ発表会が迫ってくるとモグラタタキの様相に・・・
①3日前:冒頭で出てくるこの楽章のメインテーマ、その後も繰り返し出てくる美しいメロディーがスムーズに弾けなくなった。最初の出だしが弾き直さないと弾けない、2回目以降は普通に弾けるのにもかかわらず1回目が弾けずこれはあまりに致命的。
②2日前:それまで全くとちらず弾けていた2ページ目の和音を含む2小節がどうしても弾けない。
③1日前:上の二つを何度も繰り返してなんとか乱れていた頭と指のバランスは回復、ただ、ふと「2ページ目の最初の数小節」、左右の指がバラバラと動くところではあるが1年以上問題なく弾けていたので「こんなところで行き詰まったら万事休すだけど、これまで大丈夫だったのだから指を信じよう」と。これが頭の隅にこびりついた悪魔の囁きであった。
④当日朝:あろうことか、その「2ページ目の最初の数小節」の訳が分らなくなり焦って何度もやり直し、ようやくうまく弾けたところで練習をやめ、あとは指を信じて本番に臨んだのだが・・・

本番演奏開始
出だしからもたつきましたが、いよいよ「2ページ目の最初の数小節」のところでいわゆる「頭の中が真っ白」状態に陥り、聴衆を前に3度ほど弾き直しを試みるも頭も指も動きません。諦めて途中退場する方に心が傾いたところで、家内の唯一のアドバイス、「わからなくなったら4ページから出直せば?」を思い出しこれに従うことにしました(因みに時間切れで家内のレッスンは受けずじまい)。4ページでは曲が突然、ころっと牧歌的雰囲気に変わり極めて弾きにくく苦手なところだったのですが他に選択肢もなく、まさに一か八かの賭けでした。結果的には奇跡的に持ち直し、もたつきながらも最後まで到達することができました・・・とはいえ7ページのうち2ページもすっ飛ばして5ページで済ませたのですからベートーヴェンさんごめんなさい!!かくして、挫折感(大失敗)と達成感(あの状態からの復活)が相半ばしたデビューとなりました。

現時点での思い
楽譜が読めないとだめだ~!!  ビデオ? 絶対見たくない!!  来年は? ウーン・・・

2+