手拭いの暖簾(30) 盆栽

淡い茄子紺地に江戸好みの盆栽が並んでいます。

あやめ・なでしこ・萩・梅・菊・ぼたんに松の7種類。

谷中の「いせ辰」の製品です。150年続く江戸千代紙の老舗。

図柄から一年中吊るして置けるとものぐさを考えて求めたのです。

でもさすがに見飽きることのない手拭いです。

「いせ辰」の比較的こぢんまりとした店には千代紙や小間物が所狭しと並んでいます。

商品を傷めないように気を付けながら見ているとあれこれ欲しくなります。本当に魅力的なのです。

でも使い道もしっかり決まっていないものはなかなか買えないのです。

手摺りの千代紙は印刷されたものとは異なり和紙の手触りもしっかりと柔らかく色も素敵!それだけに結構お高いのです。という訳で買えずに帰ってくることが多くて、お店には気の毒ですが見て楽しませて頂くだけのお客です。

AZ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)