驚異のゴルフプレイ再開 83才の勇気!・・・X氏のつぶやき101

それは大好きな弟が、五十歳で亡くなった時に、ゴルフを封印してから二十年あまり。それまでは年間40回はプレイしていた私がプツりとやめたのです。弟は私より上手くてよく一緒にプレイしていたので、彼がいなくなってからはとても私だけではゴルフはできなくなった。弟を思い出すとゴルフ場にはいけませんでした。
弟の喪に服すのと同時にゴルフを絶ちました。営業のゴルフも絶ちました。もう弟とゴルフが出来ないのだ!と思うだけでとてもクラブを握れなかったのです。
そのうえに、名古屋の新幹線ホームを駆け上がっていた時に右膝がグキ!と痛めてそのまま新幹線に乗り込んで東京にむかった。駅に着いたときは右足が曲がらなくなっていた。駅員の手を借りてタクシー。膝の軟骨を痛めていたのです。

ハイムのゴルフ会に誘われて、4~5回参加しましたが、とてもゴルフにならず、足も痛むしもうやめようと誓ったのです。その上ペースメーカーも装着。心不全も繰り返す。遂に透析治療もはじまる、ゴルフどころではないのです。弟の仏前に報告して自分が元気でいられるのを感謝したのです。

ここから人生の反転がはじまるのです。

医の芸術と思われるほどの透析治療を受けるようになって、散歩はするは、友だちに山に連れていってもらうは、体力の回復が日増しによくなってきた、と思いながらゴルフ番組を見ていると、もう一度芝生の美しいフエアウエイに立ちたい!という思いがつのって、グリーンまわりのアプローチ、パターだけでも出来ないかと、友人に相談すると、それが出来るゴルフ場を探してくれた。最後組のスタートで二人でまわることが出来るといってくれた。ほかの競技者に迷惑がかからないのであればコースに出てみたいと望外な期待がかなったのです!

諦めていたゴル場にワクワク気分で9月28日上野原ゴルフ場に行きました。道中運転してくれる友人に話しかけた。
テイグランドに立つと震えるかも。OB続出、チョロもでるやろう、迷惑かけるなあと久々のマイナス要因ばかりを話すと友人はいった。
後ろから誰も来ないからのんびり楽しんだらいいんですよ。スコアは気にしないで、お互いのんびりやりましょう。昔を思い出しながら。と緊張をほぐしてくれた。

高速を降りて山道に入ると、ゴルフ場へのエントランスの整備された趣が迎えてくれる。クラブハウスに着くとキャデイさんが笑顔で出迎えてくれた。
いらしゃいませ、今日は天気がよくていいですね!楽しんでください。と最後の客を迎えてくれた。クラブハウスの雰囲気は独特のものがありました。ゴルファー魂をくすぐった。あっというまに20年前の自分に戻っていました。

おい、よしふみ!と弟の名前を呼んでいました。今日は友だちと上野原ゴルフ場に来てるんだ。見ていてくれよ!ロッカールームで着替えながら呟いた。その時弟が言った言葉を思い出した。
ドライバーは飛ばそうと思って振るなよ兄貴。
私は今の年を忘れて、20年前の私に戻っていました。
少し打ちっぱなしで練習しますか?体をほぐすために二人で向かった。練習は自信を失うほど上手く出来ないままスタート時間になった。

OBだけは出ないように!神様!

ドライバーを打った!スライスボールになって上手く飛んだ!夢のようなスタートが出来た!友だちの飛距離には80メートルもおいて行かれたが私はすこぶる満足であった。道中はさんざんだったが心臓も足膝ももちこたえて最終ホールまでこれた。グリーン場に上がると秋空の天にあおいで、ありがとう!弟よ!今友だちと完走したよ!

83歳、誰もが無理や!と言われたゴルフが出来たのです!友に感謝!感謝!わがままを聞いてくれたゴルフ場にも感謝!

散歩や山登りにつき合ってくれたハイムの仲間に感謝。透析で通う多摩病院の医師や看護師さんにも感謝。

人生の終着駅に向かっている列車に乗り合っているご老体の皆さん、夢や希望を諦めるなかれ!近くの友人が機会をつくってくれます。
どうか食事をとって元気でいてください。再び青春がやってきます!私の体験を呟きました。もう一回ゴルフが出来るかなと夢を膨らませて。

        10月9日

 

驚異のゴルフプレイ再開 83才の勇気!・・・X氏のつぶやき101” に対して1件のコメントがあります。

  1. SK より:

    私もつい最近、久しぶりにクラブを握りました。
    x氏とおなじく、プレイ日が近づくにつれて不安がいっぱい。
    果たしてボールにうまく当てられるだろか?
    事前の練習場行きもなし。
    当日も、パター練習も何もなしで、いきなり1番ティーグランドに立つ。
    「よろしくお願いしま~す」で一発目。
    やった!!飛んだ。誰が何と言おうとナイスショット。
    リプレイスOK、昔からの仲の良いゴルフ友達と二人のお気楽ラウンド。
    やっぱり、ゴルフは楽しいものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)