お~い、お元気ですかい もうすぐ5月です・・・X氏のつぶやき109

里村にはこいのぼりがたなびき
天高くヒバリがさえずる

多摩川の朝5時
小鳥たちのコーラスが始まります。
川の流れの水辺には小魚がきらきらとはねています。
それを狙うシラサギたち
のどかな五月晴れの下で自然界の小動物は平和なのです。

ロシアの仕掛けた戦争を思うと怒りとむなしさでつぶやくことができません!
平和を願い続けてきた日本をはじめ小国も自国民を守るためにと
軍費を増やして新しい武器をすべての国が持ちだした。

それを決定する国のリーダーは、あなたは戦場には行かないのです。
武器を持たされて死ぬのは若者です。
あのアメリカの西部劇の世界ではあるが、
丸腰のもの、つまりピストルを持たないものを撃ってはならないと決めていた。

この国もあやしくなりました。
のどかに天高くこいのぼりがたなびいている場合ではなくなるかも。
端午の節句は男の子を祝う。
その男の子に、また再びお国のためにと武器を持って戦場に行かせるのか
――と心のふるえがとまりません。

朝の多摩川を散歩してください。
平和であることの大切さを教えてくれます。
ウグイスは、武器を持つな!武器を持つな!と鳴いています。

久しぶりに初夏の海釣りに行きました。
のどかな海に釣り船が浮かんでいました。
大きなコンテナ船がゆっくりとどこかの国に向かっていました。
ウクライナへの支援物資かもと。

ああ!お前はのうてんき!
タイが釣れずにアジばかり釣れてとなげいているお前!
武器を持てば、永遠に平和は来ないと叫べ!
武器を持てば生死が背中合わせで多摩川の散歩も安心できなくなる。
私は何を学んできたのでしょうか。

桜のシーズンは終わり、ピカピカの一年生も楽しく学校へ。
山々は、森の樹木たちも青葉茂る初夏を迎える。

この季節は元気になる季節。
コロナで弱った心身を元気にしましょう。
そして叫びましょう!私たちと共に。

ウクライナの一日も早く平和な生活を!

         4月23日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください