青葉茂り、初鰹おどりでる・・・X氏のつぶやき93

季節の旬のものが出そろい、一番過ごしやすい季節なのに,息苦しい日が続くのはなぜでしょうか?

夢いっぱい背負って学校に通っていくピカピカの一年生を見ると、こんな生活は一日も早く終息したいのですが、今朝も一年生は黒いマスクをつけています。この子らの笑顔をみたいです。

こんな日常はもういやですね。
この不安定な生活を乗り切るために、テイクアウトで食料を調達。

外に出ず部屋に閉じこもってゲームに夢中になったりと、更に自分の心まで閉じ込めてしまう。それが長くなると本当に知らぬ間に心を痛めてしまうのが心配です。

国民の安全安心なためにと、ある人は繰り返し何度も何度もいいますが、その安全安心な状態とはどんなことをいうのですかね?
しめった国民の心に明るい楽しみをあたえるためにオリンピックを何がなんでも実施するのでしょうかね。疑問と不安をおいたまま突っ走るのでしょうか?

明るい話はあった方がいいのですが、そのオリンピックを見に行ける条件がととのえばですね。
日本の国内でおこなうのに見に行けない!なぜ?

私たちは思うのです。そのうち時がくればよくなれば、お母さん会いにいきますから待っててくださいねと、年老いた母をふるさとで待たせています。そういってもう二年!国会をとやかく言うのではない、党首会談のやりとりを聞いても言葉のやりとり、前にすすまない。私たちに届いてこない国会。

 

私たちはささやかな幸せがほしいのです。季節の移り行く様の、その季節の旬の食材をもいただく余裕さえ失ってしまうほどゆとりを持てません。

季節感を忘れない生活は、日本の生活の文化でもあります。
私たちが旅行にいく動機は、その国の歴史、民族文化、食文化、観光地にひかれて決まるのでしょう.私たちはそのことをわすれていません。

 

生活は結果ではなく、プロセスが大切ですね。どう楽しく暮らせたか?どれほどの幸せを味わえたか?それがたとえ一日二日であってもそれが得られたら充実した生活が笑顔でみせてくれます。子供さんの笑顔、お孫さんの笑顔です。

 

土佐の初鰹がでまわってきます。手間はかかりますが、まつりすし、つまりバラ寿司を作って、山椒の葉っぱを乗せて、季節の旬をお子さんとご一緒に味わってみてください。かけがえのない幸せがそこに漂っているように思うのですが。

胸一杯深呼吸をしてから.自分たちの手でまず一歩を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)