こうちゃんの想い出21~お客さん

ある日、知らないお姉ちゃんが3人もお家にやってきました。

どうやら我輩を見にきたらしいのだ。

いっぱい遊んでもらったので楽しかったよ。でも、とっても疲れちゃったんだ。

こうちゃんは、お客さんがくると、玄関でまず吠えました。家族以外はみな侵入者とみなすのです。その時、吠えないでと叱ってもすぐには言うことを聞きません。もちろん、吠えるなと言う意味が解るはずはないし、自分としてはどこの誰だかわからない侵入者に対してなわばりを守る、家族を守るという義務を果たしているのです。

そのうち、お客さんが家族と親しく話をしたり、お茶を飲んだりしていると次第におとなしくなってきます。もっとも、その間に分け前のおやつをもらって妥協しているのかも知れません。特に、おやつを手渡してくれるお客さんは大好きになります。現金なこうちゃんです。

このことからわかるように、初めてのお客さんを家に招き入れる時には、そのお客さんからこうちゃんにおやつをあげてもらうことが効果的です。まずは敵ではなく味方だと思うのかもしれません。後から調べてみると、ものの本にもこのようなことを書いてありました。

もうひとつ、不思議なことがあります。自分が家の中にいて、外から誰かが来たときには必ずと言っていいほど吠えますが、反対に、自分が外から帰宅した時に、既に家の中にいたお客さんには吠えません。家族でないことはわかっているはずですが、家族の友だちであることがわかるのでしょうか。不思議なことです。

こうちゃんの想い出21~お客さん” に対して2件のコメントがあります。

  1. アバター Henk より:

    私も以前ご主人と打ち合わせをするために「こうちゃん宅」を客として訪問したことがありました。玄関からずっと吠えられて、いざご主人とテーブルをはさんで話し始めてもずっと一定の距離をとって吠え続けられました。ご主人がいくら静止しても吠えるのを止めてくれません。しばらくして、吠え方が少なくなってきたかと思うと、私が座っているテーブルの下で私の脚に時々チョコンチョコンと自分の体や尻尾を触れて行ったり来たりし始めました。どうも威力偵察をしている感じでした。しかし、話が終わっていざお暇しようと立ち上がった途端、また忘れていたように猛烈に吠え始めます。「こうちゃん、ねえ。一応慣れてくれたのではなかったの?もう帰るよ帰るよ。」とこうちゃんにも挨拶して帰りましたが、最後の吠え方は、「そう簡単には警戒心は解かないぞ、早く帰れ。」と言っているようでした。
    それ以降、朝晩の散歩のときに何度もこうちゃんと会ったりして、次第に顔と匂いを覚えてもらったようです。ある時は、こうちゃんと会ってまた別れるとき、「一緒に来る?」と言って冗談のつもりで手招きすると、散歩を忘れて私の方について来ようとすることもありました、それも何度も。それでも、「こうちゃん宅」に行ったなら、以前同様きっと吠えられたことでしょうね。

  2. ヤタガラス ヤタガラス より:

    Henkさん、コメントありがとうございます。そうでしたね、最初は吠えていましたがそのうち敵ではないことがわかり警戒を解いたのでしょう。そして散歩中に何度か会ううちに優しい人だとわかりついていこうとしたのだと思います。
    家族が外出しようとすると行くなといって吠えます。行くならボクも連れてってということなのでしょう。一緒に出ると鳴き止みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください