dav

夏の朝、4歳の兄が3歳になったばかりの弟の手をとってハイムの「森の小道」へ連れ出した。集会室へ向かう坂を登って私は二人を追いかける。
すでに蝉の大合唱が始まっている。
トンボは昨日の雨水をもらいに集まってきた。
空をみあげるとちょうちょが飛んでいる。

森の小道に着くと、さっそく蝉の抜け殻探しが始まった。兄弟が競い合うように蝉の抜け殻を探す。その理由は、わかっている。ばあばに渡すためだ!
兄「見つけた!ばあばに渡そうっと」
弟「○○くん(自分)がばあばに渡す!」

兄が蝉の抜け殻を虫かごに入れて、さらにその抜け殻を隠すようによつ葉のクローバをかぶせて、その虫かごを持って逃げ回る。弟が兄を追いかける。いつの間にか鬼ごっこが始まっていた。
弟が芝生の上で転んだ。草にいたバッタが驚いて飛び跳ねる。そして今度はバッタを捕まるのに二人とも夢中になる。

蝉の抜け殻探しで完敗した弟が今度は素手で2匹のバッタを捕まえた。これには兄も負けたと感じたようで、さっきの抜け殻が入っている虫かごを差し出す。
虫かごには1匹の抜け殻と、2匹のバッタと、よつ葉のクローバー
なんともまとまりがないがないが、ばあばへのお土産ができたことに安堵してか、二人とも家路についた。

その帰り道に広場でさっき出会ったはずの元昆虫少年のおじさまが息子達のために捕まえてくれただろう蝉を持って再び広場に戻ってきた。

兄「せみさん、お家にかえしてあげないと」
それを聞いていたのか、突然弟が素手でつかんでいた蝉を離した。
兄弟「木のお家へ帰ってね〜」

ハイムの歴史の中で育ってきた自然や生き物、出会う人々のおかげで息子達は成長している。
来年は蝉をとるために木登りするのだろうか。蝉を何匹捕まえたか兄弟で競うのだろう。蝉の抜け殻を誰かにプレゼントするのだろう。
息子達から蝉の抜け殻をプレゼントされても驚かないでくださいね。

7+