シーボルトと紫陽花

雨に打たれたアジサイが美しい季節になりました。

今から遡ればかなり前のことですが、花屋の店先で『墨田の花火』という、花びら(萼)が真っ白なガクアジサイを初めて見たとき、こんな新種のアジサイができたのかと驚きました。
それまで、球状のアジサイしか見た記憶がなかったからです。それも、土が酸性なら青、アルカリ性ならピンクの花が咲くという程度のことしか、知らなかったのです。

小学6年生の長崎への修学旅行で聞いたのだと思いますが、鎖国時代にやってきて長崎・出島に住み、近代医学を広めた医師シーボルトが、お滝さんという女性と恋に落ち、帰国のさいに持ち帰ったアジサイに『おたくさ』と名付けた、という子ども向けのお話は、ずっとこころに残りました。
そして、そのアジサイは、身の回りにいくらもある球状のアジサイのことと思い込んでいたのでした。

『墨田の花火』に出会ってから、ガクアジサイ(額紫陽花)こそが日本原産で、シーボルトが持ち帰ったものに他ならず、西洋に渡ってから、華やかなものが好きな婦人たちによって毬状に改良されたこと、それが日本に逆輸入されて広まり、正式にはセイヨウアジサイ(西洋紫陽花)と呼ばれるのだということを知りました。

アジサイは品種改良がたやすいそうで、色、形、実にさまざまだそうです。
5号棟の方が庭で育てておられるものは花弁(萼)が青のガクアジサイでした。↑

 

気を付けて見ると、アジサイの名所として有名なところには、ガクアジサイがわずかながら混じっているようです。

←身近には、6-Aエントランス脇にも、ガクアジサイが咲いています。

私自身は、球形のアジサイより、ガクアジサイの楚々とした雰囲気が好きです。

 

この記事を書くにあたって、シーボルトのこと、お滝さんのこと、日本初の女医となった娘イネのことなどを調べましたが、驚きの連続でした。

シーボルトは実はドイツの貴族階級の出。オランダ人の入国しか認めていなかった当時の日本で発音を疑われた時、ありもしないオランダ高地の出身との嘘で逃れたこと、国禁の日本地図を持ち出そうとして国外追放となったこと、30年後に再来日したこと、博物学の研究者でもあり、日本から持ち帰った数々の品を展示する日本博物館を建てたこと。
(たまたま日本博物館収蔵物の一部が里帰り展示されたとき、見る機会があったのですが、実に見事なものばかりでした。)
加えて、お滝さんの出自についての言い伝え、娘イネやその子高子の運命などなど、書くと長くなりますので、別の機会に譲ります。

 
長崎には、「おたくさ」という菓子があります。アジサイの花弁(萼)をかたどった、小ぶりのパイです。昔は4枚の花弁を折っただけの単純な形だったように思うのですが。
「おたくさ」で検索すると、ネットで買えますので、お気が向いたら味わってください。
   (C.R)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)