ロータスの神話

トロイア戦争からギリシャに帰還する途中、オデュッセウスたちの乗った船は風に流されてある島にたどり着きました。そこには「ロータス・イーター」と呼ばれる人たちが住んでいました。その名の由来は彼らがロータスの実を常食していたからです。

そんなことは知らないオデュッセウスは部下に命じてこの島を探らせることにしました。ところが、偵察に行った部下たちはいつまでたっても戻ってきませんでした。

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)