晦日は蕎麦の日

近くを散歩中、写真のような幟、広告(?)を見つけた。大晦日に年越し蕎麦を食べる習慣は誰でも知っているし我が家でも毎年食べている。細く長く元気で生きられるようにという願いを込めて食べるのが馴染みの習慣だ。

「月の晦日は蕎麦の日」ということは大晦日だけではなく毎月末が蕎麦の日だと言っている。これは正直聞いたことがない。そこで調べてみることにした。

かつて日本では江戸時代あたりまで、毎月最終日を「晦日(三十日)」と呼んでいた。毎月晦日には今と同じように「健康長寿」や「厄を断ち切る」などの願いを込めてそばを食べる習慣があったといわれている。

明治時代になると晦日という言葉が廃れてしまったため、現代は12月の「大晦日」という言葉とその際にそばを食べる習慣のみが残っているという説がある。(※諸説あり)

また「晦日蕎麦」は、俳句の季語になっている。例えばこのような句かある。

窓叩く 風やひとりの晦日蕎麦

ほどほどの 今が幸せ 晦日蕎麦

板山葵いたわさに 銚子二本の 晦日蕎麦

昔から縁起物として食べられている「そば」。年の節目だけでなく、月の節目にいただいてみるのもいいかもしれない。
 
ヤタガラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)