ワクチン接種体験記2

1回目のコロナワクチン接種から3週間経った7月の初旬、2回目の接種を受けた。予約時間8時45分に合わせて8時半にクリニックに行ったがまだ開いていなかった。入口の貼り紙を見ると、三密を避けるため予約時間に来院するようと書いてある。早めに行くほど待機する患者と多く接触してしまうからだ。なるほど、このコロナ騒動は、遅れないように早めに行くといういつもの慎重な行動さえも否定される特殊な状況なのだ。

家内は、私の1回目に数日遅れて接種に行ったが、予約時間少し前だったにも関わらず開いておらず受付までに30分待たされたという。こんな貼り紙をしながら自ら遅刻して三密を作っている張本人は先生だったことに、待ちぼうけを喰った患者さんはみなさん怒っていたそうだ。みなさん、あまり早く行かない方がよさそうです。

ワクチンを接種するとき注意すべきことはいくつかあるが、最も心配なのは”副反応”の問題であろう。殆ど問題のない人もいれば強めの反応が出て数日間煩わしくなる人もいる。私の場合は、当日と翌日、少し腫れと痛みが出ただけで、発熱もなかったし日常生活への影響は全くなかったと言える。人によっては発熱が続くこともあるようで、その場合は解熱剤を服用するように医者も勧めている。個人個人で反応が違うので注意が必要だ。

接種後の15分の待ち時間に本でも読もうかと小説を1冊持参したが、ふとスマホを見るとリンクエラーが出ていたので修正することにした。昨日までなかったエラーが新しく出ている。プラグインによるエラーのチェックが毎日ではないのでこういうことが時々ある。なんのことはない。削除したサイトへのリンクがエラーとなって出ていたのだ。サイトがなくなればエラーになるのは至極当然のことだが、なかなか気づきにくいことだ。結果的には30個ほど修正が出来た。

わざわざPCを開かなくてもスマホを使えば、HPの投稿や編集作業が出来ることを実感した。今回は、場所が病院の待合室であったが、スマホなら外出時でも、どこでも出来るのがいい。ホームページにエラーが出なくなるワクチンの開発はまだないようだ。

ヤタガラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)