植木や花壇の植物は水不足で枯れて仕舞って茶色に、あるいは葉っぱを巻いて仕舞った状態に。

昨日午後、短時間ながら8月として3度目となる夕立あり、乾ききっていた地面は土埃が解消、植物類は枯れ死寸前だったのが一息ついた感じです。

記憶に残るところでは、夏場はもっと頻繁に雷雨を伴う夕立が有ったのに、昨今の夏場の厳しさから、すっかり環境が変わって仕舞ったようです。

一週間以上も最高気温が37℃越え、観測史上初めてとか,実に厳しい日々がです続いています。

先ほど、大阪の奥座敷と称される、箕面公園までドライブしてきました、一目千本と称される古木のモミジに覆われ大滝の周辺は期待していた以上に涼しく、涼を求める人達が滝のシブキに当たりながら、ゆったりとした時間を過ごしていました。

山ちゃん

2+