先日、赤ちゃんクラブメンバーとハイムのひろばをつくる会メンバーで協力して「かわさき色わっかつなぎ」をしました。完成したものがこちらです。

一つの星形をつくるのに短冊150枚程度が必要です。なので、一つの星形に少なくとも150個の願い事が書いてあります。本日(七夕当日)、みんなでつないだ色わっかを多摩川河川敷に並べてもらうように二ヶ領せせらぎ館まで足を運びました。

あいにくの天気で彦星さんと織姫さんは残念でしたが、みんなの願い事は届いたはず!館内では「かわさき色わっかつなぎ」と同時開催で水辺の交流館が行われてました。

そこで、小学生と幼稚園児の異年齢の交流が自然と生まれていました。小学生のお兄さんが、亀さんの甲羅を「岩だと思えばいいんだよ」と言って、甲羅を触るのを怖がる長男を促してくれました。館内は実際に亀が放し飼いされたり、水族館とは一味違う空間で息子達は大興奮でした。

二ヶ領せせらぎ館
https://www.seseragikan.com/

赤ちゃんクラブ代表

5+