時々ポストにインターネット接続サービスについてのチラシが入っています。その中で、「NURO光 for マンション」は、興味深い内容でした。月額1900円-2500円(税抜、以下すべて税抜表示)で最大2Gbpsの超高速インターネット接続ができるというもの。私が利用しているインターネット接続サービスは、月額3800円で、スピードは実測値で50Mbps程度です。チラシが事実なら、コストは半額(1900円と考えると)、接続スピードは40倍になるというわけです。(接続スピードは理論値のため、実際にはそこまで出ないのが普通ですが)

早速、25,000円のキャッシュバックがある公式ホームページから申し込んでみました。申し込んでから約2週間(うまく行けば1週間)で開通。実際の接続スピードを計測してみると、900Mbps前後です。2Gbpsには及びませんが、それでも従来の18倍のスピードになり驚きました。

現状に比べ速くなる1番の理由は、これまでは光接続と言いながら部屋にネット回線を引き込む時に電話線を使っていた(VDSL方式)のに対して、「NURO光 for マンション」は光回線を部屋の中まで引き込む方式のためです。このため、部屋の中に「光コンセント」(写真)を設置する必要があります。この工事費が4万円かかるのですが、現在のキャンペーンではこれを36か月の分割払い(月額1111円)とし、その費用を毎月値引きすることで実質無料にします。

このように、安くて速い「NURO光 for マンション」ですが、リスクはないのでしょうか?

私が考える「NURO光 for マンション」リスク、デメリットは以下の通りです。

  • 光コンセントが設置される(大きさは、スマホ程度。色は白。写真参照)<=普通は気にならないと思います。
  • 2年ごとの縛りがあり、2年に1カ月の無料解約期間以外での解約は、9500円(税抜)のペナルティーが課される。
  • 3年使用せずに解約すると、4万円の工事費の残債部分の支払いが発生する。
  • 月額1900円になるのは、同じ棟のなかで10世帯以上がこの契約を結ぶ必要がある。(世帯数が少ないと料金はあがるが、それでも最大2500円。)
  • スマホ・携帯とネット接続の割引が適用されなくなる場合がある。
  • プロバイダーは、So-net(プロバイダー料金は月額料金に含まれる。しかし、So-netのメールは無料では使えない。)これまで別のプロバイダーのメールを使っていて、今後も継続して使用する場合は、当該プロバイダーとメールのみ使用する契約を結ぶ必要がある(月額200円程度)。

 

こうしたリスクを考えても、魅力のあるプランのように思えます。

以上ご参考まで。

(なお、私はNURO光とは何の利害関係もないことを申し添えておきます)

 

ヒッキー

6+