ハイム周辺のハトは野生化した『ドバト』ですが、鳥獣保護法によって、勝手に捕まえたり、卵やひなを処分することは禁止されています。
巣を作られたら、ひなが飛び立つまでただ見ているほかなく大変なので、汚い落とし物を毎日、少なくとも一日おきに、掃除する羽目になりました。

フン掃除の大切さと方法については、これまでにも、ハイムのひろばにUPしました。書き足りない面がありますが、ご参照ください。昨年11月の『はとのフン掃除に細心のご注意を!!』です。今回は、その後の経験を加えての修正版です。

乾燥しているフンをほうきで掃くと菌が空中に舞うので危険です。掃除機で吸いとるのは、排気口から家中にばらまくことになって、最悪です。
どんなに気持ちが悪くても、水をかけてしばらくふやかし、掃除するしかありません。

使い捨て手袋はポリエチレンの薄いのではなく、ゴム製のが必要です。口のところからふっと息を吹き込んで広げてからはめます。
マスクは花粉症用の使い捨てのがいつでも売られています。

ほうきとちり取りは使いにくいので、牛乳の紙パックの底を切り落とし、残りを半分に切って、片方を受け皿にし、もう片方でその上に乗せるようにしてすくい取りました。
底は丈夫なので、ベランダの模様に入り込んだフンをこそぎ落とすのに使います。歯ブラシも便利です。

掃除が終わると、水をかけます。流れ出した泥のような液をぼろ布で拭き取ります。
取り残しを力を入れてこすることもありますから、トレーナーやバスタオル程度の厚みのものを20センチ角くらいに切っておくと使いよいようです。
排水溝に流すのはNGです。特にお宅のベランダに排水管の入り口がない場合、非常用仕切りの下からお隣の排水溝に流れて行ってしまいます。

集めたフンと、使った道具類は全部ビニール袋に入れ、漏れないよう二重三重に包み、固く縛って捨てます。
きれいになったベランダにはアルコール除菌液を吹きつけます。

管理事務所で『ハトにげーる』という忌避スプレーをお借りしたことがありますが、マジックリンでも頭痛のする私は1時間ほど寝込んでしまいました。
ハトの方は、翌朝、平気でうろついていました。(To be continued)

you

9+