2、3日前、ひかり通信回線+電話の売込みの電話がありました。まず最初、「私は川崎市の光回線を総合的に管理しているもので○○と申します」との挨拶でした。
「お宅のNTT電話回線の割引が受けられなくなっているので、より有利な料金になる方法を紹介します。お任せ頂ければ私○○が責任をもってお手伝いいたします」とのこと。

おかしいなと思いましたが、どんな話の成行きになるのかおとなしく聞いてみることにしました。
「今お使いのネット回線+電話代は8000円程になっていると思いますが、これを4300円程に(約半額に)できます。今どちらの会社と契約されていますか?」・・・

このあたりで、やはり売込み営業の電話だとわかりました。更にいろいろと詳しく説明を続けようとするので、聞いているのがバカバカしくなり、反撃に出ました。
・「川崎市の光回線についてうんぬんって、お宅様はお役所の方ですか?→違います。
・「我が家の回線料金が8000円程って何故ご存じなんですか? →いえ、あのマンションですか?
・今どき、月8000円も払っている家庭は少ないですよ。我が家は、既に半額程度ですし、今それをさらに安くする契約を検討中ですよ」と言ったら、何も言わずプツンと電話を切りました。

詐欺ではないと思いますが、まるでお役所のような公的な組織の者と誤解するような表現を使い、よくわからない人、特にお年寄りを相手に売り込みをする新手の営業電話のようでした。
お気を付けください。

八咫烏

4+