何があったのだろう!5月1日の雷

まるで直下型のような稲光とすさまじい音。

びっくり、ドキドキしている間もなく緊急車両が続々とハイムの周辺にやってきました。ひろば前の通りには7~8台、交番のところから線路沿いに曲がった車も数台。

車から降りてきた緊急隊員たちには少なくとも3種類以上の制服が見られました。

ストレッチャーを運ぶ隊員、ボンベらしきものを背負った隊員など。

2号棟Aエントランス前の花壇わきには折り畳みテーブルをセットして10人ほどが集まって臨時本部らしき様子。

 

1時間くらいが経過して戻ってきたストレッチャーにはどなたも乗っていない。けが人は出なかったのかなとひと安心。

ほどなく館内放送で理事長から

火災はなかったようであること、停電した場合はブレーカーをリセットすれば直るとの指示、数戸に消防の人と理事とで訪問チェックしていること、テレビ受信不能など関連業者には連絡してあることなどが報告されました。

 

すべてが撤収されたのは発生から1時間半たっていましたね。

 

いったい何が起こったのですか?

何を警戒してあのような緊急隊の出動があったのですか?

できれば、緊急隊からのヒヤリングをもとに、理事会からぜひ報告をいただきたいと思っています。

「ハイムのひろば」のホームページを活用して早急な報告をお願いします。

2号棟はインタホンがまだつながっていません。

住民はみな不安に感じている関心事です。

 

よろしくおねがいします。

何があったのだろう!5月1日の雷” に対して4件のコメントがあります。

  1. 2-Aの一住人 より:

    2号棟Aエントランスの住人です。
    インターホン不通とのことですが・・・、ほんとに???

    今朝ほど、電話が鳴り、出てみると「宅急便です。今エントランスに来ていますが、インターホンが通じないと書いてあるので、下から電話してま~す。」と。
    すぐお答えしました。「そう書いてありますが、部屋番号をいつものように押してください。ちゃんと繋がってますよ。すぐドア開けます。」
    数秒後、インターホンがピンポ~ン。「ちゃんと繋がりました。」と宅急便のお兄さん。
    何事もなく、宅急便の荷物を受け取りました。
    インターホンが先日の落雷の後まだつながらないままのお宅がほんとにあるのですか???
    エントランスの貼り紙、ちょっと紛らわしい???

  2. 5号棟住人 より:

    5号棟住人ですが、我が家はあの瞬間にブレーカーが落ちてそれ以降インターホンどころか、電灯系回路が今現在いまだにアウトです。電灯系のブレーカーを「入」にすると、全体が落ちてしまうと言う現象です。
    日曜日に東電系の調査員の方に来ていただき、ブレーカーの調査をし(ブレーカーに異常は無し)、電灯器具を外して漏電検査をしましたが、原因は不明です。
    残るはインターホンですが、メーカーさんGWもあってか、連休明けてからの復旧作業とのことです。
    管理室に聞くところによると、インターホンがダメな戸が複数あるとのことでした。
    ただウチのように電灯回路が落ちているところはウチを含めて数件あるかないかとのことです。はっきりはわかりません。

    電灯系(照明、換気扇、インターホン)が無い夜を昨夜までで4晩過ごしました。
    幸い他の系統はオンですので、TV、ネットはOK。照明はコンセントからの電源と、非常時用のLEDライト数個でなんとかやりくりしてます。

  3. tomma より:

    2-Eの住民です。今点検してみましたが我が家も問題ありません。
    さりとて貼り紙を外していいものかどうか??

  4. MiyazakiTakehiko より:

    広報担当理事の宮崎です。
    ハイムの皆様へ
    同じシャフト(入り口)の中でも、インターホンが通じるお宅と通じないお宅があるようです。
    ですのでインターホンに関する貼り紙は外さないようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)