カワセミ博士の撮影散歩(48)姿を消したカワセミ

昨年の今頃、撮影したカワセミ画像です。 

今年はもう、数日、カワセミの姿を見なくなっています。 

川の上流まで探索してみましたが、川沿いの民家の方が、「撮れますか?最近、カワセミを全く見なくなりました。どこへ消えたんでしょうな」と私に語りかけてこられました。 

「わたしも数日、カワセミを見てないから、今日は川を上ってきたんですよ」と返事しておきました。

4月の後半から、出が悪くなって……ここ数日、まったくその鳴き声すら聞こえず、水面を滑空する姿も、全く見なくなりました。 

原因はわかりませんが、河川工事で川底をきれいにされてから、水位が低いままで、しかも小魚の姿が昨年よりも減っているのが原因かもしれません。人間の災害防止のための工事も、自然の生き物には迷惑でしかないのでしょうか?

(2022年5月7日)

 

カワセミ博士の横顔

京都府舞鶴市在住、男性。
高野川に生息するカワセミに魅せられてその姿を追い求めてはシャッターを切っている。
帆船模型製作、野鳥撮影、書道を趣味とし、お酒をこよなく愛する。
カマボコ博士の異名も持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください