カワセミ博士の撮影散歩(43)イサザ漁にいそしむカワセミ

人間界では、イサザ漁の時期は終了しましたが、カワセミ界では、毎年、あとひと月くらいはイサザ漁が続くようです。
こうしてみると、透明度の高い、鮮度の良いイサザが、まだ川には多く泳いでいることがわかります。

(2022年4月9日)

 

カワセミ博士の横顔

京都府舞鶴市在住、男性。
高野川に生息するカワセミに魅せられてその姿を追い求めてはシャッターを切っている。
帆船模型製作、野鳥撮影、書道を趣味とし、お酒をこよなく愛する。
カマボコ博士の異名も持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください