◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ハイム・ウィークリー
第107号 文芸館特集34弾
2022-06-03(金)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
https://heimnohiroba.com/mag-2022-0603/

■□ーーもくじーー■□
☆編集長の独り言
ー---------ー
文芸館特集 第34弾
ー---------ー
1.多摩川音頭の歌詞3
ー---------ー
2.世界のこぼれ話2
ー---------ー
3.米国ベイエリアの想い出
ー---------ー
4.花と神話「ピオニー(シャクヤク)」
ー---------ー
5.トピックス「デジタルライフ座談会」
ー---------ー
6.編集後記
ー---------ー
■□ーーもくじーー■□
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ー---------ー
☆ 編集長の独り言 ☆
ーーーーーーーーーーー
ハイム・ウイークリー第107号をお届けします。
今週は文芸館特集(第34弾)をお送りしています。

ー-----------
■1.多摩川音頭の歌詞3■
ーーーーーーーーーーー-
多摩川音頭の二十六節と二十七節です。

枡形山には、桝形城があったことが文献からうかがえます。
https://bungeikan.heimnohiroba.com/tamagawaondo-3/

ーーーーーーーーーーー-
■2.世界のこぼれ話2 ■
ーーーーーーーーーーー-
【エジプト見聞録他】
2004年の初め念願のエジプト旅行を果たした。3500年前の文化と歴史に触れ未だその感激の余韻を残している。

かくも長く遺跡建造物が残ったのは、石がその素材ということもあろうが、2~3000年前の地震で倒壊、その上を砂嵐による砂塵が覆い隠していたという自然条件も貢献したのであろう。

つづきはこちら↓
https://bungeikan.heimnohiroba.com/10-articles-world2/

─ーーーーーーーーーーー
■3.米国ベイエリアの想い出■
ーーーーーーーーーーーー
【ハロウインその他】
1991年から2016年まで、カリフォルニア州サンフランシスコ、そしてオークランドに住みました。25年間の思い出の中から、幾つかご紹介させて戴きます。

つづきはこちら↓
https://bungeikan.heimnohiroba.com/tsuge-usa-memory/

ー---------ーー
4.花と神話  
ー---------ーー
【ピオニー(シャクヤク)】
ピオニーは美しい花をつける植物ですが、薬草としても昔からよく知られた植物でした。

この最古の薬草が美しい名前で呼ばれるようになった裏には、師弟の間の争いがあったのです。

つづきはこちら↓
https://heimnohiroba.com/flower_pedia/myth/piony.html/

ー---------ーー
5.トピックス
ー---------
【デジタルライフ座談会】
来週 6 月 10 日(金)10:00~12:00 つくる会主催で「デジタルライフ座談会」を開催することになりました。
近年スマホ利用者が激増して、今やネット閲覧の70~80%にもなろうとしています。
せっかくスマホを手にしても充分に使いこなせていないのではと言う声を聞いて、つくる会で勉強会のようなものができないかと考えました。
今回は初めてのことでもあり、型通りの講演会形式ではなくまずは2、3人の経験者の話を中心にして、お互いの経験談などを聴く機会を設けました。
お話いただこうということになりました。いくつかのヒントをお伝えできればいい
みなさん、どうぞ気軽にご参加いただきたいと思います。
申し込みは、下記よりお願い致します。
尚、ハイムのひろばトップページからも申し込み出来ます。
https://heimnohiroba.com/apply-digital/

ーーーーーーーーーーー
6.編集後記
ーーーーーーーーーーー
ハイム・ウイークリー第107号をお届けします。

現在検討中の新企画としては、美術館での「こども作品展」、ハイム花の図鑑での「親子みち草図鑑」などがあります。
今後の新展開をどうぞお楽しみに。

□□□□□□□□□□□
事務局:ハイムのひろばをつくる会
責任者:”八咫烏”こと 西 敏
メール: mag@heimnohiroba.com
URL: https://heimnohiroba.com/
□□□□□□□□□□□
発行システム:まぐまぐ!
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら
http://www.mag2.com/m/0001689861.html
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆