秋、赤トンボが畑の竹竿にとまっている・・・X氏のつぶやき69

日傘を楽しんだ真夏の思い出も、日増しに遠のいていく。

初秋の朝、絹糸のようにクモの巣にたまった朝露。ひやひやとしたそよ風が心を包んでしまう。

夏の思い出をかなぐり捨てるように、秋は迫ってくる。

もう少し、友と語らっていたい時も流されて、青空は一点の雲もなく、かなたからイワシ雲が流れてくる。

子どもの頃に見た田舎の風景を、年を重ねてもいまなお生き生きと思い出すが、どこか心が痛む。

こんな時、秋の夜長に語り明かせる友がいたらなあと。

感傷的になるのは、私だけなのか。

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です