高血圧の日

今日5月17日は「高血圧の日」だそうです。なんとこんな日があるのですね、知りませんでした。日本高血圧学会と 日本高血圧協会は、第30回日本高血圧学会総会において、毎年5月17日を「高血圧の日」と制定することを宣言し、日本記念日協会により認定登録されたとのこと。詳しくはこちらで。

実は、私は高血圧症で、かれこれもう25年以上治療を続けています。最近は、コロナ禍の緊急事態宣言もあり何度かは電話診療になっていますが、現役のころから病院を替えていないので未だに月に一度都内の病院に通っています。

治療の内容はというと、まず過去1か月間の生活の様子を聞かれます。健康上身体の他の部分に変わったところがないか、体重の変化はないか、また主治医からお勧めの毎日の散歩は続けているか、食生活に変化はないかなど異変を予防するための質問です。

そして、3~4カ月に一度、動脈硬化検査と血液検査を受けています。両腕両脚の血圧を同時に測り、動脈硬化の進み具合を診ます。食事に気をつけているつもりですが、この値はなかなか下がりません。年齢とともに上がっていくものなので、そのうち年齢の方が上回っていくことを期待しています。

血液検査はみなさんが通常受けるものと変わりありません。特に気を付けているのは、悪玉コレステロール値とγGTPです。コレステロールは動脈硬化に悪さをしますし、γGTPは言わずとしれた飲み過ぎによる肝臓の悪化を知ることができます。

年齢を重ねると高血圧症の人は多くなるようです。みなさんも気を付けてください。

ヤタガラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)