新語・難語おもしろ解説~「メタバース」とは?

メタバースの「メタ(meta)」は「超越した」「高次の」という意味、「バース」は「ユニバース(universe/宇宙)」を組み合わせた造語である。インターネット上の仮想空間のことで、利用者が活動できる空間を言う。

既にゲームやイベント等が仮想空間の中で行われる場合もあるし、ビジネスとしてもバーチャル会議などで活用されている。
最近で注目されているのはMeta(Facebook)が立ち上げたHorizon Workroomsという新サービス。他にもマイクロソフトがMicrosoft Teamsを拡張した新サービス「Mesh for Teams」を2022年に提供すると発表されている。

仮想空間メタバースでできることサービスに応じてできることは変わってくるが、メタバースでできる代表例は以下の要素である。
・ゲーム:仮想空間でイベントに参加できるようになり、コミュニケーションを通じて没入感を得られやすくなった。
・ビジネス利用:バーチャルオフィスとして利用される場面も出てきており、在宅でも仮想空間を共有することで、社員同士のコミュニケーションを取りやすくする。

今まではゲームやイベントなどで活用される事が多かったメタバースに代表される仮想空間サービスだが、新型コロナウイルスが世界的に流行したことでテレワークが推奨されるようにったことで、ビジネスの場でも活用が進んだ。
アバターを活用して同じ仮想空間でコミュニケーションをとることで、「ただオンラインで会議するだけ」よりも、業務上のコミュニケーションが取りやすくなる、といったメリットがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください