笑説「ハイムのひろば」39~「親子みち草図鑑」

今年春に「高石直美ボタニカルアート展」ではたくさんの草花が展示された。見事な作品集であったが、コンテンツとしてはより専門的、芸術的、趣味的要素の強いものである。

西野は、同じ草花についてでも、もっとハードルを下げて、もう少しアプローチを変えて、より一般的、日常的なものが作れないかと考えた。頭に浮かぶシーンとしては「子どもと一緒に散歩しながら教えてあげられる」ような感じだ。

そう、題して「親子みち草図鑑」はどうだろう?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください