音楽を再生する際には、ウィンドウズ10に付属する「メディァプレーヤー」を使うケースが多いと思う。しかし、メニューがわかりづらい、動作が重いなど使い勝手は必ずしもよくなく、操作性はいまひとつという意見も多い。

そこで、シンプルかつ軽快に動くと評判のフリーソフトを紹介したい。ここでは、音楽と動画の再生や取り込み、CD-Rへの書き込みを簡単にできる至極の4本を紹介している。

マイベスト盤を手軽に作れる
前回は、「VLC Media Player Portable」だったが、今回は、マイベスト盤を手軽に作れるソフト「DeepBurner Free Portable」だ。使い方は簡単で、英語のメニュー表示でも操作で迷うことはないと思われる。

https://www.deepburner.com/?r=download で、「DeepBurner Free 1.9 Portable」の右側にある、「Download」をクリックして、ZIPファイルをダウンロードする。ファイルを展開したら、ドラッグ操作でUSBメモリにコピーする。実行ファイル「DeepBurner」をダブルクリックして起動する。

なお、音楽CDを作るときは、登録した楽曲の総容量に注意が必要だ。パソコンにセットした空のCD-Rの最大容量(通常は700メガまたは650メガバイト)を超えると書き込めない。画面上の書き込み可能な残り時間を目安に調整するとよい。

ソフトを起動したら、「Create audio CD」を選んで「Next」を押す。楽曲ファイルをドラッグして登録する。すべて登録して合計が80分(700メガのCD-Rの場合)を超えないように注意したい。

ここで取り上げるフリーソフトの紹介内容は、過去の経験と雑誌やネット上の情報にもとづくものであり、その機能や操作性を保証するものではありません。実際にお使いの場合はあくまでも自己責任でお願いします。
1+