高島屋百貨店二子玉川店南館の5階だった。カジュアルなレストランのアウトドアテラスで食事をしながら、初夏の夕方、帳が下りる寸前、水面は夜暗の中にキラキラ輝き、堤はシルエットになり、橋もまた遠くの水道橋が暗く沈み、美しいシルエットを醸しだしてくれる。その向かいに夕陽が沈んだ後、暗雲に太陽の輝きが赤く染まる。

一瞬の美しさだが、パリ市内から離れたセーヌ川の夕陽を見た光影が目に浮かんでくる。

高島屋のレストランテラスから見る多摩川が、セーヌ川と重なって心が捕らえられてしまった。若き日に見たセーヌの美しさを多摩川で見た私は、幸せいっぱいのひとときでした。皆さんにお伝えすることでもありませんが、自然はどこにいっても私たちに美しい姿を見せてくれることをお伝えしたくて。

これからは夕陽が沈む美しさを楽しんでください。

6月のある日。

6+