スマホ体験記10 ~水没事件(4)

翌日は日曜日。夕べは少し遅い時間までHP作りをして起きていたので、今朝はゆっくり起きました。9時過ぎに居間に行くと、昨日から泊まりに来ていた娘の一人が件の会社に電話を掛けていました。携帯については、購入契約から利用プラン、端末のことから利用すべきアプリのことまで我が家で一番詳しいのです。

私達から詳しく事情を聞いた娘は、どう考えても、あり得ない状況だと賛意を示し、母親のために交渉してみると言って朝から電話を掛けていたのです。コールセンターは前日同様に混雑しておりすぐに繋がるという訳にはいかなかったようですが、何度かかけるうちに担当部署につながったようです。

側で様子をみていると、今度は希望を聞いてくれそうな雰囲気が伝わってきます。娘は起こった事実をひとつひとつゆっくりと説明し、それに関するホームページの案内が不親切で困っていることを追求しました。昨日電話が一日中かからなかったので「チャットによるお問い合わせ」もトライしたのですが、今回のような込み入った事情では役に立ちませんでした。所詮は機械なので、決まりきった疑問・質問だけに有効のようです。

文句を言うにしても、娘の冷静で柔らかな語り口が良かったのか(娘は「パパが昨日厳しく追及してくれていたのが効いたのでは」と言ってくれましたが)結果としてプラン変更の取り消しに同意してくれることになりました。3、4日のうちに取り消しの操作をするので、明日以降毎日、ホームページにアクセスして契約内容を確認して欲しいとのことでした。取り消しが確認できれば、SIMカードの再発行が可能になるので、その日を待つばかりとなりました。

明けて翌日、月曜日、午前中にホームページを見ると早くも契約内容が変更になり、「新プラン申し込み中」の文字が消えていました。これで、再発行が可能になりました。早速申し込みをしようかと思いましたが、ネットで申し込むと、発行されるSIMカードの到着を待たねばならずそれだけ何日かかかります。最速の方法は、取り扱いの家電量販店に出向き新しい端末を購入し、その場でSIMカードの再発行と挿入作業をしてもらうことでした。

ということで、コロナ禍での外出自粛中にも関わらず、直ぐに二人で新宿まで出かけることになりました。しかし、そこではまた別の問題が起こったのです。それは・・・。

~つづく~

ヤタガラス

+3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)