スマホ体験記 3~格安スマホ

前回は、携帯電話業界全体の動きを見てきたが、私自身が初めてスマホを手にしたのは、2015年の総務省によるSIMロック解除原則義務化スタート以前のことだった。キャリア(大手3社)がSIMフリー化を受け入れる以前に、元々SIMフリーの端末を利用した格安スマホだった。

I 社では、大手のD社の回線を使った格安スマホを提供していた。スマホの販売をしている会社は数多くあるが、回線を敷くには莫大な費用がかかるため自社で有しているところは少なく、大手の回線を借りての営業になる。その回線使用料は大手が握っているので、これも下げるようにと総務省の働きかけがあった。

さて、興味がありながらもまだ買う気にはならなかった時期に、ふと仕事のついでに立ち寄った家電量販店に目新しいものを見つけた。スマホが格安で利用できるというのだ。ただし、スマホは最初のセッティングなどが結構ややこしいのでお店で店員にやってもらうのが普通だが、唯一の条件がネットで購入してセッティングは自分でやる必要があるという。

魅力なのは、当時、通常月額5000円~6000円ほどしていたのが、2000円弱から利用が可能だという。安くなるならどんな勉強でもどんな努力でもしましょう、という訳で、帰宅すると早速ネットで出その詳細を調べてみた。なるほど、契約して、SIMカードが送られてきたらそれを自分で早着して利用開始となる。セッティングと言っても特別に難しい訳ではなさそうだ。

利用の仕方によっていろいろプランがを選べるようになっている中で、最も安いのが月額1700円のミニマムスタートプランだ。その時点でおそらくは日本で最も安いプランであったと思う。これに決めて早速申し込む。ほどなくして、スマホ本体とSIMカードが送られてきた。説明書がついているので難なくセッティングも完了し、スマホデビューとなった。

スマホ初心者として毎日、試し試し使ってみる。まずは、所期の目的であるホームページがパソコンと違ってどのように見えているのかのチェックだ。なるほど、パソコンとは見え方が違っているが、デザインが崩れることなくきれいに見えている。しかも、パソコン程の大きな画面がない分、それなりに見え方の工夫がされている。

ここで、WordPressと一緒に利用するレスポンシブテーマの素晴らしさを改めて実感する。パソコン用に作るだけで、スマホにもきれいに見えるように自動的に作られるのである。昔は、パソコン用とスマホ用に別々のプログラミングをして作っていたものがその必要がなくなったのだ。これは画期的なことだった。

やがてLINEを利用するようになり、至極の便利さを享受するようになる。メアドを打たなくても相手と素早くメール交信ができ、まさかと思ったのは無料電話さえできるのである。離れて暮らしている娘たちとも毎日のように連絡がとれるのはほんとうに便利だ。スマホはもはや携帯電話を超越して、手軽に持ち運びできるコンピュータである。

世間とは少し遅れ気味にスタートした私のスマホ生活はこのようにして始まった。

〜つづく~
ヤタガラス

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)