スマホ体験記 6~水没事件(1)

このスマホ体験記は前々回で終了とするつもりだったと書きましたが、またまた事件が起こり、どうしても報告すべきと考え再び筆をとりました。いっそ、このまま「スマホ体験記」としてシリーズ化して、時々スマホについての事柄を書いていこうと思います。

今月上旬、家内が防水機能のないスマホを水没させるという事件がありました。すぐに拾い上げたようですが、電源を入れても今までのようにホーム画面が立ち上がらず、結局使いものにならず新しく買うことになりました。後で聞くと、水没させたときは引き上げてすぐに電源を入れてはいけないということがわかりました。残っている水分でショートしてしまうからだそうです。

さて、スマホが使えなくなった家内はガックリと肩を落とし、涙を流しながら消沈しています。「スマホが使えなくなったくらいで泣く奴があるか。仕事をしているなら別だけど、家の電話もあるし、メールならパソコンを使えばよいし、1週間や2週間使えなくてもどうってことないだろう」と諭しますが、一向に沈んだままです。

さて、この緊急事態をどのように収束できるのか、初めてのことなのでよくわかりませんが、取り敢えずは回線を契約している会社に連絡を取るしかないと思いました。どこかの店舗で購入したならその店舗に行くことが早道でしょうが、ウチは全てネットで契約したのでした。端末もネットで購入したし、回線の契約後に送られてきたSIMカードを自分で挿入したのでした。

とすれば、理由はともあれ使えなくなったSIMカードの代わりに新しいSIMカードを手に入れる必要ありと判断しました。早速ホームページをチェック。「SIMカードの再発行」をキーワードに調べたところ確かにありました。説明の通りに手続きを進めればよかったのですが、ここで問題が起こりました。

ホームページを開いた瞬間に、その会社I社の新しいプランがドーンと目に飛び込んできたのです。5月1日から好条件の新プランが始まり、今までの契約と比べて非常に有利な条件になっていることがわかったのです。大手キャリアを始め各社が次々と値下げを発表している時期だったので、いずれもが魅力的なプランだったのです。

来月5月からより魅力的な新プランが始まるのであれば、先にその場で決めてしまおうと思い、新プランへのの乗り換えを申し込みました。その後、今月中の使用のために今まで使っていたSIMカードの再発行を申し込めばよいだろうと思ったのです。ところが、このことが大きな問題を引き起こしたのです。それは・・・。

~つづく~

ヤタガラス

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)