ヤタガラスのお気楽闘病記15 脳の圧迫、少し改善

これらは、私の頭蓋骨内のCT写真である。自分の脳の写真を見るのは初めてだ。
1、まず、オペ前とオペ後の写真を見比べると、中心が左に大きくずれているのがよくわかる。

2、右上の色が変わっている部分は出血によって溜まった血腫(言わば瘡蓋のような血のかたまり)で、これが脳全体を左の方に圧迫している。結果的に、脳が押されて萎縮しているのだ。

3、オペ1ヶ月後を見ると、右上の色が変わっている部分が少し小さくなっているのが見て取れる。これは水分を含んで大きくなっていた血腫が水分を吐き出して小さくなっている。これで、左側へと脳を圧迫していた力が弱まってきている。この部分が完全に埋まるようになればいいのだ。

未だ、少し痛みが残っているし、頭の後ろ部分がぼーっとしたりしています。ここが完全に埋まるのか、つまり脳全体の位置が元通りに戻るのかどうかはわからないが、少なくとも良い方向に向かっていることが分かって少しほっとしています。次の外来受診は1月末頃です。

ヤタガラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)