夜の訪問客

今から数えると5日前のことです。そろそろ寝ようかという時間に、つれあいの時ならぬ大声。「ム、ムカデがいる。」足がコソコソすると思ったら、ムカデだったそうです。
何年ぶりのおめもじでしょうか。体長10センチくらい、コロコロとよく太ったムカデです。刺されると厄介なのでどうしようかと思っていたら、自分でそばにあった袋の中に入って行きました。とりあえずは口を閉じればいいかなと思ったのですが、念には念を入れて、袋ごと段ボール箱に入れ、ガムテープで封をして、さらには浴槽に入れて、蓋をしました。

風呂場には外して洗った網戸が立てかけてあり、10時過ぎなのにゴトンゴトンと音を立ててしまいました。お隣の産まれたての赤ちゃんと若いおかあさん、ごめんなさい。

ネットでムカデの退治方法を調べたら、凍結殺虫剤というのがいいのだそうです。人間には無害な成分で、ー85度の冷気で瞬間冷凍して動かなくするのです。深夜でも注文すれば翌日配達してくれる超特急のヨ○○○カ○○に早速注文しました。

こんな時に頼りになるのは蝶博士。害虫にも詳しいのです。
夜が明けて朝食も済んだろうという時間を見計らって電話したら、「ムカデなんて、袋に入れて踏みつぶせばいい、困ったお坊ちゃんお嬢ちゃんだね」とすっかり笑われてしまいました。
だって、ムカデを見るのは二人とも小学生以来です。私は父が叩き潰そうとしたら、2つに分かれてそれぞれ別方向に進んで行ったのを今でも忘れられないくらい、おっかないのです。ムカデは壁を伝ってどこにでも現れるよ、と言われても、やっぱり怖い。

さて、待ちに待った凍殺ジェットが届きました。袋の中からどうやって出そうかと考えていたら、何のことはない、自分で出て、段ボール箱の中をうろうろしていました。注意書きの通り、まず3秒間噴射。動きが鈍くなったところで、10秒くらい追加。まだ動いているというので、さらに噴射。かわいそうに、元の大きさの10分の1ぐらいまでに小さくなって昇天しました。後になって考えると、before after の写真を撮っておくべきでしたね、絶対。

次の晩、ベランダのガラスのところに、クモが7匹くらいぶら下がっていましたし、昨日はエレベーターの中でムカデがどなたかに踏みつぶされて死んでいたそうです。

大規模修繕、時ならぬ地響きが続くものだから、虫たちも異変を感じて逃げようとするのでしょうか。それなのに、可哀想なことをしたかな、なんて殊勝なことを考えています。

you

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください